登記に関るお仕事

登記とは、各種事項において専門資格官が手続きを行い、公募に記載することを指します。一般的に知られているものとして、新たに会社を設立する場合の法人登記や不動産の売買等における不動産登記があります。
法人登記においては、会社の名称、資本金額、設立年月日、住所所在地、例えば食料品の販売、輸入業等のその会社の事業内容(主たる事業の目的などと呼ばれます)のほか、代表取締役氏名、取締役氏名等が記載されています。なお、この法人登記は現在、法改正後において有限会社としての設立をすることは出来ず、どのような小さな規模の会社でも、株式会社や合同会社等としての登録が行われます。
不動産登記は、土地の売買や住宅の新築、マンションの購入等において手続きが行われるもので、所有者の変更事項、誰から誰にに売買されたのか。その土地や建物の広さ、銀行などの金融機関や一般個人がその土地を担保としてお金を貸しているのかなどの担保設定状況。マンションや住宅新築等であれば新築年月月日や増改築年月、土地であればそれが新規に購入したものか、いついつの時期に相続によって取得したものかなどを確認することが出来ます。
なお、この手続きについてはあくまでも個人として行うことが出来ます。しかし、実際には豊富な知識のほか、素人には時間も必要であり、管轄する法務局等、関連機関との連携、手続き等も行うことが必要であるため、多少の費用はかかりますが、行政書士や土地家屋調査士、不動産鑑定士等の専門家への依頼をお薦めします。

コメントは受け付けていません。