特定調停をする利点とは?

特定調停を行うメリットとして、返済が難しくなった債務を減額できる点が挙げられます。これを行うと、グレーゾーン金利のような高い金利で借り入れていた場合、借り入れた時点から利息制限法の上限である15%から20%の金利にして引き直し計算が行われるため、払い過ぎている場合にその分の債務が減額されます。この減額後の金額を元金として、分割して返済を行います。このとき、以降の利息を払わなくても良くできる場合があります。また、債権者からの取立てが通知が届いた時点で禁止されます。
債権者との交渉は調停委員によって行なわれるため、直接交渉する必要がありません。利用するときにかかる費用も1社につき、印紙代の500円と郵便切手代だけであり、1000円以内に収まるので安いです。
どの債務を対象にするか選べる点もメリットになります。整理の対象にすると不都合のある債務については除外して手続きを行えます。
自己破産のように財産を処分する必要がありません。資格制限もないため、これに該当してしまう職業に就いている人でも職を失うリスクを負わずに債務の減額を行えます。
また、債務ができた理由についても問われることはなく、浪費によってできたものでも利用できます。

コメントは受け付けていません。