調停以外の主な手続き

離婚後の氏と戸籍の関係は、次のようになります。
結婚したときに氏を改めなかった人は、離婚後もその氏をそのまま名乗ることになり、戸籍の変動はありません。氏を改めた人は、そのままその氏を名乗るか、旧姓に戻るかを選ぶことができます。そのまま名乗りたい場合は、3ヶ月以内に届けを出します。旧姓に戻った場合には、婚姻前の戸籍に戻りますが、婚姻前の戸籍が除籍されている場合や氏をそのまま名乗る場合には、新戸籍を作ってそこに入ります。
子どもの氏は、離婚によって変更されることはありませんが、例えば、母親が親権者となり、氏をそのまま名乗った場合、母子の氏の呼び名は同じでも、法律上は別の氏となります。子どもの戸籍を母親の戸籍に移動するには、入籍届が必要です。
母親が旧姓に戻った場合には、子どもの氏は異なりますので母親の戸籍に入ることはできません。この場合、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立て、自分と同じ氏に変更します。母親の戸籍筆頭者が自分自身でない場合には、子どもが同じ氏に変更できても、その戸籍に入れることはできません。母親が筆頭者になる戸籍を新たに作って、子どもの戸籍を移動させます。この手続きを終えて初めて、子どもの氏の変更が有効になります。

コメントは受け付けていません。