サラ金やクレジットの返済が苦しい時には

裁判所というのは、誰かと争っていて罰してほしいために訴えるということ以外に、サラ金などからお金を借りていて契約通りには返済出来そうにないので、間に入って和解出来るように協力してほしいという場としても使うことが出来ます。たとえば、特定調停という返済方法がそうです。
債務が返済出来ないという状態は、まったく返せないのか、それとも少しなら返せるのかというものに分けられます。まったく返せないという場合は自己破産をするしかありませんが、少しなら返せるのであれば債務を減額してもらったり、あるいは分割で返したりする債務整理を行うのが一般的です。
特定調停は、債権者に裁判所に来てもらって和解の条件を話し合うというもので、弁護士や司法書士に直接債権者と話し合ってもらい、和解を行う任意整理よりも安い費用で債務整理をすることが出来ます。それは、債務者本人が手続きを行うからです。ただ、裁判所を介すために、債権者は債務名義を取れることになり、もし特定調停を行った後にお金を返せなくなってしまった場合は、支払督促や裁判を行わなくても、すぐに強制執行を行うことが出来ます。
なので、確実な収入があって分割で元金のみ返すのであれば絶対に大丈夫と言える人に向いている債務整理と言えます。

コメントは受け付けていません。