家族や男女間の問題を解決

家族間、男女間の問題というと良くあるのが、不貞行為などの離婚や慰謝料請求です。これらの手続きは話し合いだけでは解決できませんので、通常は裁判所で訴訟を提起して、判決をとることが多いですが、この場合に財産分与についての話し合いも必要になります。
そもそも、仮に不貞行為などの問題で一方的に相手が有責である場合でも、これまで夫婦二人で築いてきた預貯金や家などの資産に関する権利は失うことはありません。これまでの家庭への貢献などによって割合を決めた上で分割し、それとは別に慰謝料を支払う額を決めるというのが一般的な流れになっています。築いてきた資産が少ない場合には、慰謝料と相殺して手出しが生じることもありますが、分与する資産から慰謝料などを払うというケースもあります。
このように、離婚するとなるとさまざまな事情が絡み合ってきますので、通常は弁護士や司法書士といった法律の専門家のところに相談に行って、準備をするのが良いでしょう。訴訟の場合には弁護士だけが代理権を持っていますが、公正証書の作成や離婚時の取決めに関するアドバイスなど、司法書士でもある程度相談に乗ることはできます。不利益にならないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。