民事調停をする利点とは?

民事調停とは裁判所に対して申し立てがされることによって行われる調停の一種です。
問題解決の際にこの手段を選ぶということにはいくつかのメリットがありますが、特に大きなポイントとなるのが「手数料が安い」ということが上げられます。
争いの対象となる金額が10万円の場合には500円、30万円の場合は1500円、100万円の場合は5000円とされていますから、通常の裁判を起こすよりは遥かに安い手数料で問題解決の場を設けることが可能です。
また「解決までの期間が短い」ということもメリットとして挙げられます。
裁判は長期化してしまうと何年も一つの問題に対して取り組まなくてはならないこともありますが、調停の場合は多くが3カ月以内に完了しています。
だからといって効力が甘いというようなこともなく、調停の結果をまとめた調停調書が作成された段階で、その調書は判決と同様の拘束力を持つことになるのです。
またこの調書が金銭に関連する内容を含んでいる場合、相手が違反をした際には強制執行につなげることも可能となります。
「問題を法的に解決するには裁判しかない」と考えている人は少なくありませんが、トラブルの内容によってはこの調停によって解決できることも少なくありません。
もし負担を軽くしたうえで問題解決の場を設けたいという場合には、利用を検討してみる価値があるでしょう。海02 }PgžxQ